生産性要件って何?

生産性要件、という言葉。厚労省のページで定義されています。

では、厚労省が考えている生産性とは何なんでしょう?そしてこの生産性、どんな意味があるのでしょう?

ちょっと覗いてみたいと思います。

厚労省のページによると、生産性は次の計算式で計算されるとされています。

生産性 = 
(営業利益 + 人件費 + 減価償却費 + 動産・不動産賃借料 + 租税公課)÷ 雇用保険被保険者数

ということだそうです。

簡単に言うと

生産性 = 付加価値額 / 雇用保険被保険者数

となります。

付加価値額、と言うのは日銀方式と中小企業方式があり、今回の生産性の考え方は日銀方式のようです。

この生産性要件というのは、3年前の決算の数字の生産性より、直近の決算の数字の生産性が6%もしくは1%高いと要件を満たす、ということだそう。

では、この付加価値額。どういう意味があるのでしょう。

  • 営業利益 : 利益出してるよね?ということ。利益上がれば税収増えるから。

  • 人件費     : 人を雇っているよね?お給料上げてるよね?ということ。雇用拡大、失業率低減したいから。

  • 減価償却費 : 設備投資しているよね?ということ。投資は景気を良い方向に刺激するから。

  • 動産不動産賃借料:家賃等お金使っているよね?ということ。これも景気を良い方向へ刺激する。

  • 租税公課:税金払っているよね?そもそも払ってないとだめじゃん。

という意味合いかなぁ、と考えます。

どれもこれも、経済的に貢献している事を図る指標です。

事業主にとっては結構しんどいよなぁ、とも思いますがとにかく、ちゃんと国に貢献している事が重要ですよ、ということになります。

その付加価値額を雇用保険被保険者数で割って出すのが、生産性、ということです。

一人あたりしっかり経済に貢献しているよね?それが3年前と比べてら6%か1%アップしているよね?

ときかれていると考えると良いでしょう。

国もしっかり考えている、と言えるかと思います。助成金、簡単に取れなくなってくるなぁ、という感じがしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました